代検査制度について

 はかりの定期検査には,県や特定市などの公的機関が行うもの(当協会は公的機関の委託を受けて定期検査を実施しています。)のほかに,計量士が行うものがあります(計量法第25条)。
 どちらで検査を受けるかは,受検者の自由意志により選択することができます。計量士が行う代検査は公的機関が行う定期検査に代わるものであるため,検査可能期間には制限があります。

 今年度の代検査可能期間

公的機関の検査と代検査の違い
 公的機関の検査との違いには,以下のような点があります。どちらかの形で,必ず検査を受けてください。

項  目 公的機関の検査 代検査
検査の実施場所

各市町に設置した会場(集合検査)
広島市は受検者の事業所
計量器の数が多い場合,ラベルプリンターなどで動すことができない場合は受検者の事業所

受検者の事業所
検査手数料 県及び市の手数料条例に定める額 実施計量士が定める額
事前連絡 はがきにて通知 実施計量士と協議
土日祝日の受検 なし 応相談
検査時間 各会場(広島市は事業所)毎に定めた時間 応相談
検査時期 県または各市町担当課と協議して定めた時期 原則として公的機関が定めた実施期日初日を基準に,1年前から1か月前までの間

代検査の流れ

  1. (受検者) 計量士に検査を依頼
  2. (計量士) 検査を実施(検査告示日の1月前まで)
  3. (計量士) 県知事若しくは特定市の市長に検査を実施した旨を届出
          (計量士が受検者に代わって届出を行います)
  4. (県知事・特定市長)届出を受理し,計量協会へ通知
  5. (計量協会)通知に基づき検査対象名簿から削除

代検査の手数料

 計量士が定める金額となります。

代検査を行っている計量士(掲載希望者分)

計量士氏名 登録番号 所在地 お問合せ先 実施地区
石井 康晴 12989 岡山県岡山市 086-262-1816 広島県全域
後河内 實 5542 広島市安佐北区 090-8604-0840 広島県全域
岡田 修造 6544 広島市南区 090-2297-0715
082-261-7488
メール
広島県全域
木村 孝道 13880 岡山県岡山市 086-262-1816 広島県全域
小西 理律 7573 岡山県岡山市 086-262-1816
メール
広島県全域
小西 健貴 13111 岡山県岡山市 086-262-1816 広島県全域
玉上 寛志 14218 福山市今津町 080-1947-8936
メール
中国地方全域
愛媛県・香川県全域
長田 武志 13950 広島市西区 082-230-1281
(神戸衡機)
広島県全域
光成 寿恭 11863 福山市箕沖町 084-953-8839
メール
中四国全域
村尾 勇造 11394 尾道市高須町 0848-55-3202
メール
中四国全域